Season News

Just another WordPress site

アイスランドでオーロラを見よう!

      2015/03/20

人生で一度は観たいオーロラ。アイスランドはオーロラ、温泉、自然がたくさんある国。滝フェチサマリーにとっては、興奮するような滝がたくさんあります。あぁ~行きたいアイスランド。

アイスランドの魅力と、いくらかかるのか?おさえておきたいスポットご紹介!

スポンサーリンク


・オーロラの時期は?

秋から春(8月下旬~4月)

アイスランドはオーロラ帯の中に位置しているため、空が晴れて暗くなりさえすれば高い確率でオーロラを見ることができる。

・ツアーの料金は?

だいたい6日間か、7日間で、20万円~

やっぱり結構な金額。でもその価値はある旅になるでしょう。

・治安は?

とっても安全な国です。世界治安危険度ランキング1位。日本は6位だからすごく安全な国ですよね。一人旅でも安心して行ける国。とっても素敵。

・言語は?

アイスランド語だけど、英語も通じる。

・世界遺産

シングヴェトリル国立公園 映画の世界のような場所。

国立公園

ここにあるセリャラントスフォス滝がすごい。絶対に一回では覚えられない名前だけど、滝フェチとしてはおさえたい。

セリャラントスフォス滝

スルツエイ 1963年11月に噴火した海底火山によってできた島。上陸は禁止だが、小型機で近くまでより見学することができる。めっちゃ噴火してる画像ばっかりで恐ろしい。

スルツエイ

・絶対に行きたい温泉

ブルーラグーン

ブルーラグーン

世界最大級の温泉。火山国だから、温泉もわいています。

この白濁した温泉には美肌効果もあります。女性にとってはうれしい温泉。ぬるめの温度らしいので長く入っていられるみたい。あー一日ずっと温泉に入っていたい。

ここでもオーロラがみえるかも。温泉入りながら観られたら幸せすぎますね。

・グトルフォス滝

アイスランド一大きな滝。U字の滝で圧倒されそう。

グトルフォス

・アイスランドのお土産

アイスランドでは羊が多く飼育されているため、ウール製品などが有名。セーターとか買いたいなぁ~。絶対にあったかいですよねぇ。

ブルーラグーンで売っているオーガニックコスメとかも人気らしい。わたしも海外にいったら絶対にコスメを買うことにしているのでたくさん買ってしまいそう・・・

画像を見るだけで、興奮するくらい今までに経験したことのない自然に出会えそうなアイスランド。行ったら、温泉入って、おいしいシーフード食べて、ラムも食べて、オーロラみて、自然をハイキングして・・・って考えたら素敵すぎて、アイスランド貯金をしようと決意したサマリーなのでした。

 - 未分類

        

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

くりはま・はなの国
さくらだけじゃないお花見情報

桜のお花見はよく聞きますが、ほかのお花のときにお花見ってあまりいいませんよね。で …

たま
4月29日は何の日だぁ?

わーい。お休みだぁ~。4月29日は国民の祝日です。そう「昭和の日」でもこの呼ばれ …

中目黒
女子が考えるお花見デートプランin関東

桜の季節。お花見スポットはたくさんあります。だけど、どこも混んでいたり、落ち着か …

春よ来い
春うたベスト20

春になると、いつも流れる曲ってありますよねぇ~。桜がついた歌。これから新学期みた …

神奈川県湯河原 ふきや
サマリー的春レジャーのススメ

春といえば、何をしますか?春のレジャーといえば、普通はお花見。さくらをみたり、フ …

no image
エイプリルフール生まれの芸能人

4月1日みなさんはちょっこり嘘とかついちゃう人ですか?サマリーはつきません。とい …

白寿の湯 
秩父の温泉はヌルスベらしい。

秩父のパワースポットを探していたら、な、なんと温泉が秩父にはたくさんあることがわ …

カルビー
関東で無料で遊ぼう

外出したらどうしても出ていく出費たち。外食したって、何か面白いことしようったって …

柏餅
柏餅いよいよ自分で作ってみる?

端午の節句に食べる柏餅。すこし葉っぱの香りがうつった柏餅を食べるとゴールデンウィ …

ひるがの
子供と一緒に楽しく旅行しよう。

大人だけの旅行と、こどもがいる旅行の違い。それは、自分も子供に戻れることでしょう …